日本人が英語を話せない理由はこんな事だった!?

日本人が英語を話せない理由はこんな事だった!?

皆さんは、何故日本人が英語を話せないのだと思いますか?

中学高校で勉強しているはずなのに、少しも話せないという人は珍しくありません。

私は英語が話せない理由は、苦手意識や恐怖心が圧倒的な理由だと思っていました。

勿論これも理由の一つです。

外国人の前だと緊張してしまうという日本人はほとんどと言っても過言ではないかもしれません。

全く緊張しないという人の方が珍しいです。

その他に勉強が不十分だった、聞き慣れないから、これらも理由の一つとなります。

それ以外にも、日本人が英語を話せない理由となるものがあったんです。

スピークアウトHP

こんな理由が日本人を英語から遠ざけていた

実は皆さんが行ってきたその勉強方法が問題だったのです。

最初から正しい勉強方法をしていれば、こんなにも苦労しなかったのかもしれません。

スピーキング・リスニングに割く時間が不足している

一般的に考えて、日本人であれば中学高校の6年間、英語の勉強をしますよね。

6年間も勉強して、こんなにも身に付かないのは英語くらいなものではないでしょうか?

国語・数学・理科・社会、どれもある程度知識となって記憶に残っているものですが、英語に関しては全く話せないという人が多すぎるのが事実。

でもこれは仕方がない事でした。

それは、日本での勉強方法が文法ばかりに囚われ過ぎているからです。

思い出してみてください。

黒板に書かれた文字をノートに書いてばかりだったと思いませんか?

文法・単語に関してばかり勉強し、英語ではなく理屈ばかり勉強していたのです。

本来必要であるスピーキング・リスニングはどうだったでしょうか?

形式的に先生が話した文章を真似して読んでたくらいだったはずです。

決まった文章をただ読んで、ただ書いてるだけの授業で、英語が話せるようになるわけありません。

話せる為のスピーキングとリスニングを疎かにしているのですから。

学んでいないのだから英語が話せなくて当然なんです。

だから成績が悪かった、点数は取れても話せないと気負う必要はありません。

そうなって当たり前だったんです。

無駄に難しい英語を教えている

中高だけではなく他の英語スクールなどもそうですが、無駄に丁寧で複雑な文章だと思いませんか?

《例文》

He is a man who lives in my neighbourhood.

彼は私の近所に住んでいる男性です。

教科書を見るとこんなような文章を目にした事ありません?

でも、普段の会話でこんな風に話しますか?(笑)

いえ、この文章は決して間違っていません。正解には変わりないんですけど、日常会話で使うかと聞かれたら使わないんです。

文法を教える為の文章なのも理解出来ますが、ではこれを学んだところで実際に英語を話す時にこの文章は一生使う事はありません。

使わない文章を覚えて何になるのでしょうか?

日本の英語教育は「正確ではあるが使い物にならない英語」を教えてるんですよね。

ハッキリ言って時間の無駄だったような気がします。

実際に日常会話で使うとしたら、

《例文》

He is my neighbour.

彼は私のご近所さんです。

となります。

覚えるものが半分になりましたね(笑)

半分にはなりましたが意味は同じですし、寧ろこちらの方がナチュラルな言葉です。

実際に使う英語と言うのはかなりシンプルなもので構成されています。

無駄を省いた方が実際に通じる英語って、日本の英語教育は大丈夫なのでしょうか・・・。

心を育てる教育が不足している

英語を勉強して思ったのは、心や気持ちがとても重要だという事。

英語は実はシンプルな構成で意味が通じるからこそ、心や気持ちで伝える事が大きな意味を持ちます。

そして何よりも問題なのは、日本人の自信のなさです!

自信がないから外国人相手だと緊張したり、苦手意識を持ってしまうんです。

国民性もあるとは思いますが、これは英語教育のせいとも言えます。

この自信のなさが英語上達を邪魔しているんです。

皆さんが思っている以上にメンタルは大きな意味があるんですよ?

最初から「無理だ」と諦めている人に成功を掴めますか?それこそ無理なんです。

「出来る」と思う事、そして自分を信じる事がとても大事です。

その為にSPEAK OUT(スピークアウト)では1対1の講義と言う事。

褒めてくれて励ましてくれるコーチの存在が、英語上達の後押しに不可欠なんです。

スピークアウトHP
TOPページを見る